2006年09月07日

水からの伝言(笑)マイナスイオン(笑)

今日のネタはこれである。これもはてなブックマークから見つけてきた。最近使い始めたばっかりだが、いろいろ役に立つネタ、勉強になるネタ、面白いネタが多いのでありがたい。人間の力ってすばらしい。
文化・真摯な科学者達「ニセ科学フォーラム」報告

私自身、若いときはムーとかオカルトとか大好きだったし、タロット占いやってみたり(今でもデザインは好き)、超能力実験やってみたり、まあ若かったからできたことだが、そういうのは実のところ好きなのだ。
が、それは科学とは別物であることは、よく分かっている。
ニセ科学、疑似科学の問題は、科学的な手法による立証なく、まるで科学であるかのように装うところである。科学でないとはっきりさせておけば、オカルトだろうとなんだろうとアリである。イワシの頭も信心なのである。

我が家は旦那ともどもバリバリの理系で、我が家の会話では「マイナスイオン(笑)」「酸素水(笑)」とこういった言葉は「(笑)」または「(苦笑)」つきでしか話されない。
そういう家ばっかりならまあ安心なのだが、必ずしもそうではない。お母さんが「このドライヤー、マイナスイオン出るから髪がつやつやになるのよねー」まあ本人がそう思っているなら商品満足度としては高いのでいい。メーカーも本人も店も誰も困らない。が。

以下、リンク先記事より引用。
 「水は美しい言葉(例:ありがとう)と汚い言葉(例:ばかやろう)を理解して、美しい言葉を(紙に書いて)見せると美しい結晶をつくる」という、『水からの伝言』と称する珍説(※筆者の意見)が、小学校の一部の教育現場で「道徳教育」に使われている。


これはいかんでしょ! 道徳は科学じゃないが、だからといって科学上での嘘を教えていいはずがない。諸説がある、というようなレベルの話じゃないのだ。物語のようなフィクションならばまだしも。
しかもだ。これは小学校なので、この道徳の授業をする先生は、理科の授業をする先生と同一人物である。
これはいけない。

話がこの記事とも関係するけれど、本当に今の小学校の先生のレベルはどうなっているんだか。
先生たちも、本当なら教えたくないこと嘘を教えろと強要されている被害者なのかもしれないけど、なんとかしてください。正直、かなりショックです。

最後に、個人的に、今回のリンク先記事にも載っていた、Wikipediaの「マイナスイオン」の項のリンクを張っておく。自分としてはごく中立的によくまとまっていると感じた。
マイナスイオン - Wikipedia
posted by あずみ at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西原理恵子さんという漫画家が、「電子レンジの電磁波が悪い油を消毒するんだ」というネタを定番で使っていましたが、「電磁波」<br>をマイナスイオンや酸素水に置き換えても、全く同じネタになる気がしませんか(笑)
Posted by やこ at 2006年09月11日 16:50
電磁波も使い方を間違えるとトンデモになりますね??。なんせ間の字を抜けば電波ですし(笑)<br>トンデモ電磁波にトンデモトルマリンで対抗するのもおつかも。
Posted by azumy at 2006年09月11日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25050693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。