2006年09月25日

カラオケに行く

今日はニュースと関係ない私的ネタである。

上の娘が5歳、下の娘か2歳9ヶ月となり、かなりカラオケに追随して歌うことができるようになったので、最近になってちょくちょく家族でカラオケに行く。
それでいくつかの会社のものを試してみた、といっても田舎なので現在主流3社くらいしか近場にないが、その3つ、DAM、JOYSOUND、UGAで比べると、小さい子どもを連れて行きやすいなぁと思うのはJOYSOUNDだった。

UGAは10万曲を宣伝しているが、意外と子ども向きの曲は少ない。ポップス系は確かに充実していて、他社では入れていないようなアーティストの曲を入れてくれていたりするが。
DAMも正直寂しい。ぼちぼちとは入れているようだが、JOYSOUNDと比べると見劣りがする。
で、JOYSOUNDのいいところは、おかあさんといっしょやいないいないばぁっ!系がかなり充実しているところだ。ざっと見たところ、昨年10月までに出た「おかあさんといっしょ」のアルバム収録の「今月の歌」を全て収録しているのはJOYSOUNDだけのようだ。まもなく今年度のアルバムが出るが、これもじきに収録されるだろう。しまじろう系もけっこう多い。ようするに、アニメ系(しまじろうはアニメだが)ではない子どもの歌を多くいれてくれている。

さらに、JOYSOUNDでいいところは、歌入りのカラオケをけっこう用意してくれているところだ。
それも子どもの歌で充実している。
小さい子どもは、歌詞が読めないため、耳コピで歌っているのだが、ガイドの歌(メロディの音ではなく歌詞入りの)が入っていると、断然歌いやすく、また自分もしっかり歌っている気分になれるようだ。途中で歌詞を忘れて歌えなくなっても、歌詞を聞いてまた途中から歌いだすこともできる。

というわけで、幼稚園児くらいまでの子どもと一緒なら、JOYSOUNDがおすすめである。
別にエクシングの回し者ではないが。

今日も久々に行ってきたが、ほとんど子どもの歌ばかり歌って帰ってきた。もう少し時間が長ければ大人の歌も歌えるんだが、今度はあんまり長くボックスにこもっていると子どもが飽きるのだ。しばらくはこんな状態が続くんだろうな。
まあ、歌のお姉さん気分を味わえるのも今のうちだけだし。
posted by あずみ at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歌のお姉さん・・・うぷぷ。<br><br>昼食を取りに自宅に帰りTVをNHK国際放送に合わせると、時差の関係で「いないいないばぁ」、「おかあさんといっしょ」を見ながら食事を取る事になります。<br>おいら、子供でしゅ。
Posted by 鯱 at 2006年09月26日 22:43
>鯱さん<br>「歌のお姉さん」というのは職業名なので、年齢とは関係ありません。今では立派な成人の娘さんのいる坂田おさむさん(何代めかのおかあさんといっしょの歌のお兄さん、今も子どもの歌のステージで現役で歌ってます)も、仕事上では「歌のお兄さん」です。<br>さすがに女性でステージをつとめるまでやっている人はいないようですが、ある程度の年齢だけど童謡や子どもの歌のCDなどでは「お姉さん」として現役の方はたくさんいますね。声優さんの年齢を気にしてもしょうがないのと一緒ですな。
Posted by azumy at 2006年09月27日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25050697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。