2006年10月17日

代理出産はエゴイズムの固まりだ……反対の立場より(その1)

ここのところ、代理出産に関するニュースをよく聞く。
さっと挙げてみると、このあたり。

50代母、30代娘の卵子で「孫」を代理出産…国内初 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

代理出産の50代、「娘のため」危険承知 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


向井さん夫妻の双子代理出産、出生届認める…東京高裁 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

代理出産で品川区が許可抗告、「頑張る」と向井さん

こういった報道を見ていると、正直、なんとも言えない嫌な気分になる。
抵抗感や違和感といった言葉では足りない、嫌悪感である。
こんなことを言うからには当然、私は代理出産反対の立場である。早急に法的に代理出産を禁止してほしいと思っている。

代理出産にシステム的倫理的に問題が多いことは、既に各所で指摘されている。
その点については、最近に読んだこのブログ記事が大変よく考えられてまとまっており、ここで新たに述べるべきこともないので、下記にリンクを置く。

blog「備忘録です。あしからず」より 代理母の問題点
http://agnos.blog16.fc2.com/blog-entry-13.html

さて、私が代理出産に対して感じる嫌悪感、気持ち悪さは、そういった問題が多々あるにもかかわらず、自分の血をひく子どもを得る(持つとはあえて言わない)ことにこだわるエゴイズムの強さに対して感じるものだと思う。
このエゴイズムの現れは、以下の2つに集約できる。

1)自分の子を得るために他人の健康を害することを厭わない。
2)得たいのは自分の血をひく子であり、養子であってはならない。

まず、1)について。

例えば、「自分の命を守るために他人の健康を害する」ことがある。具体的には生体臓器移植がそれに該当する。
腎の場合は片方の腎が残るため、あまり実際の健康には影響しないと考えられているが、将来その残った腎が悪くなり、あるいは事故や障害で残った腎を失い、片腎であるがためにそのドナーが人工透析を受けるはめになる可能性がないとはいえない。
肝の場合はさらに顕著で、もともと1個の肝を分けて2人で使うわけだから、術後のドナー側の肝機能低下や肝不全を完全にゼロにすることは難しい。
しかし、日本国内で生体臓器移植が結果的に広く行われるようになったのは、脳死・死体移植が進まず、移植以外に生命を救う方法がない患者が一定数おり、緊急避難的に広まっている、というのが実情なのである。
おそらく、生体移植を手がけている医師で、生体移植は死体移植に比べて優れた技術でありどんどん進めていくべきである、と考えている人はいない。本来は死体移植でまかなうべきであり、積極的に健康な身体にメスを入れたいと思う人は皆無であろう。
それでも生体移植を行うのは、現実に患者の生命の危険が迫っているからなのだ。患者の命を救う「治療」として、健康体を害することに対して免責される、という考え方だ。
だからこそ、生体移植に関しては、ドナーは親族に限られる。

では、代理出産の場合はどうか。
妊娠出産は実は危険なことで、医療が発達した現在の日本でも、それによって生命を落とす人が一定数いることは議論を待たないだろう。生命を落とすまではいかずとも、それをきっかけに病を得る人、例えば糖尿病や腎障害、血圧異常、自律神経失調などに罹患する人は、さらに多い。
このあたりは、リンク先記事の代理母の問題点の1.に該当する。
つまり、極端なことを言えば、代理出産を依頼するということは、依頼する相手に生命の危険、慢性疾患への罹患の恐れまで強要することになる。
そういった危険の強要に対して生体臓器移植が免責されるのは、親族の「患者(家族)を失いたくない」という情に基づくものだ。患者の命を救うためなら自分が犠牲になってもいい、という情である。
しかし、代理出産の場合、そこまでの瀬戸際ではないとしか思えない。
子どもがいてもいなくても、生きていくことには困らない。実際、子どもをもつことが可能な状態でも、もたずに生きている人が非常にたくさんいる。不妊治療の結果、成功しなくて子どもが得られなかったけれど、子どものいない生活をそれはそれなりに折り合いをつけて送っている、という人もたくさんいる。
生死と直接関係しないことを希望して、代理出産によって他人に生死のリスクを背負わせようとする人は、やはりただのエゴイズムであり、生体移植のために他人に金を渡して身体を買う人と変わらず、他人を都合よく道具扱いしているとしか思えない。

代理母が親族ならば、ある程度免責される面はあるだろう。しかし、自分自身に生命の危険、健康上のリスクがないのに、自分以外の人間にそのリスクを全面的に背負わせるという図式は変わらない。
乱暴な言い方なのは承知だが、私の気持ちはこんなふう。
「自分の親や姉妹を危険に晒してまで、自分の遺伝子を持つ子どもがほしいのか? あなたにとって家族ってそんな程度の存在なのか? それならば、生まれてきた自分の遺伝子をもつ子どもに対しても、その程度の気持ちしか注げないんじゃないのか?」

長くなってきたので、この続き、2)の件については、次の記事以降で書くことにする。
タグ:代理出産
posted by あずみ at 11:23| Comment(9) | TrackBack(0) | ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2)を待たずしてコメントしちゃいます。

あずみさんのご意見にはほとんど賛成。医学的な見解はお任せするとして、個人的な感情論です。

まず、お子さんを産みたい、あるいはどんな風に産むのかは、各家庭が大変デリケートな問題を持っているので、私はしょうがなかったんかなーと思います。自分の子どもがいることでしか癒されない悲しみがあったのかも、と推測したりして。本当に家族の形は色々。

と言いつつ、実母ならOKで、同じ親族でも姑はイヤ。って思うのであれば、それはやっぱり強力なエゴだろうなぁと思います。生物学的には良く似た関係ですからね。
この先、親族による代理出産が許可されて、自分の姑に「あなた達が産まないなら、私が産んであげる」って言われたら、色んな意味で傷つけられると思うんだけどな……。ほんのちょっと見方を変えるだけで、これはやめておいた方が良いなぁと思えます。

さらに、「自然の摂理に反するんじゃない?」と思う事は、あとからツケが来そうでこわいです。肉骨粉とBSEの関係もそうでしたよね。
Posted by やこ at 2006年10月18日 01:43
誰でも代理出産できる人わけでいない。
高額なお金がいる。

そして、代理母の側。誰でも人の子供を産みたいと思うわけでない。
向井高田夫婦の代理母のように借金を返すために代理母をする人もいる。

女性の方へ。
いくらなら代理母しますか?
男性の方へ。
奥様が代理母すると行ったら承知しますか?

そして、代理母が出産で死んだ場合。
いくら慰謝料を支払いますか?

もし子供が障害があると分かった場合。
子供を堕胎させますか?
もし障害のあることして産んだら、本当に引き取りますか?

もっと代理母をする側のことも考えたほうがいいとおもいます。(本人は、数百万はいればOKと思うかもしれませんけど)


そういった視点がもっとあっていいと思う。


Posted by watarajp at 2006年10月18日 21:20
50歳母の代理母のニュースにはただただ驚きましたが、娘の癌で受けた衝撃が、ここで完結したのかな、と思いました。
この記事でリスクのことなど初めて詳しく分かりました。センセーショナルな側面だけでなく、こういう情報が報道されればいいのに・・。
でも、やこさんの言うように「義母だったら」と仮定すると、倫理や理論以前に、この問題が感情論なんだなあ、と思い知らされますね。

代理母を選んだ人には、それぞれの必然があると思うので、とにかく今は子育てがんばって〜!とエールを送ります。
その上で、子育てに目覚めて養子をたくさん引取り大家族とか格好いいですよ!向井さん、いかがですか?
Posted by ぽよまま at 2006年10月19日 08:42
やこさん、watarajpさん、ぽよままさん、コメントをいただきありがとうございます。
ひとつずつお返事させていただきたいのですが、とりあえず今回の記事が「その1」で、続きがあります(数日中にはアップしたいと思っております)ので、最後まで公開させていただいたのちにお返事させていただこうと思っております。
お待たせしてしまいますが、申し訳ありません。
Posted by あずみ at 2006年10月19日 10:37
とりあえず完結編までアップいたしました。

>やこさん
実際に妊娠出産を経験したものの感情としては、他人のために10ヶ月もあんな思いするなんて、いくらお金を積まれてもやなこった!というのは正直あります。たとえ自分の実娘のためだとしても私はごめん被ります。

もし子どもがいることでしか癒されないことがあるとしたら、その人にとって子どもは自分のための癒しの手段、道具ってことになりますよね。普通の妊娠出産ができる人でも、そんな産み方をしたら、あとで後悔したり、そんなはずじゃなかったってことになりかねない。子どもは一人の人間なので、親の何かの目的のために迎えるべきではない。だから、それぞれの仮定にどんなに不妊に関するデリケートな事情があったとしても、私はそのこと自体には同情しませし、許容もできません。とりあえず子どもさえもてば解決する、という考え方自体が間違い。
代理出産に限らず、養子をもらう場合でもそうですが、親が精神的に安定していなければ、より親子関係が不安定になりやすいやり方で子どもを得ることはすべきでないと思っています。それ以前に、まず精神的に安定して子どもを迎えるべきじゃないのか、と。
そういう考えから、「その3」に書いたような、不妊カウンセリングの実施と充実を希望しています。

お姑さんの「私が産んであげる」攻撃はちょっと怖いですね。もし代理出産が認められたら、そんなケースも本当に出てくるのかもしれませんね。

>watarajpさん
拙文を読んでいただき、ありがとうございます。
私は、実際に妊娠出産を体験した者として、他人のために10ヶ月もあんな思いをするなんて、いくらお金を積まれてもいやなこった!と思います。たとえ自分の実娘のためだとしても勘弁です。
生活の制限の程度と、制限される時間の長さを考えると、代理母は生体臓器ドナーよりもはるかに負担と苦痛が大きく、見返りが少ないものです。そのことはあまり議論にのぼりませんし、代理母依頼側もたぶん分かっていない人が多いでしょう。
だからこそ、代理出産を認める方向になるならば、代理母の利益をきちんと守るように法律を作ってほしいと思います。

>ぽよままさん
このニュースの50代の母は、娘がガンに冒された時点で、すでに冷静ではなかったでしょう。娘と同一化して精神的におかしくなり、本来ならば娘を支え心を癒せる立場なのに、却って娘を代理出産へ煽っています。
ガンに罹患した娘さん自身がパニックに陥るのはよくわかるし同情の余地もありますが、この50代母については愚かにも程があるとしか思いません。

手段はともかく、現在子を得て家族として暮らしている人々に関しては、それ以上言うことは何もありません。ただ幸せに、と思います。子どもの側についても、彼らになんの罪も咎もないのですから、どうこう思うこともありません。
こんな「やったもん勝ち」の状態はおかしいと思いはしますけどね。
Posted by あずみ at 2006年10月22日 16:29
2児の母です。母子家庭です。ただ2人とも父親から、ありがとうと言われた事がありません。せめて 力になりたい。感染症はありません。4○歳最後の出産を喜んで 産んでみたいのです。
Posted by 渡辺妙子 at 2007年04月16日 01:47
>渡辺妙子さん
コメントをありがとうございます。
自分は喜んで代理母になりたい、という意味合いのことでしょうか。自ら積極的に代理母になることを希望されることについては、特にどのようにも思いません。その方それぞれの考え方があると思います。
ただ、母子家庭ならばなお、ご自身が妊娠中になにかあったら、2人のお子さんはどうなるのか、例えば切迫早産などで長期入院することになったらご自身のお子さんの世話や生計はどうするのか、よく検討なさるべきだろう、と思います。
こういうことは、代理出産に限らず、生体臓器移植や骨髄移植などについても伴うリスクですが、代理母の場合、順調に進んでも出産をはさんで300日程度も制限を受けた生活となります。

報道によれば、ちょうど、根津院長がボランティア(経費程度の有償)の代理母志願者を募集しているそうです。もし心から代理母になりたくて、なお条件が整うならば、クリニックへきいてみてはいかがでしょうか。
Posted by あずみ at 2007年04月16日 08:29
血の繋がりを望むとは自ら身ごもり苦しんで産むから意味があるのではないのかな?妊娠、出産はリスクがあるのに何で他人に代理出産なんて頼めるのかがわかりません。子供が欲しく育てたいのなら親のいない不幸な子供や肉体の子供を養子にする方が…自ら産んだ子供でさえ虐待、育児放棄する親がいるのに血の繋がりがなければなんて本当に育てられるのか…、産まれた子供が代理出産に感謝する育て方ができるのか、代理出産を認める国は責任が持てるんでしょうか?
Posted by 人として at 2010年07月28日 23:26
>人としてさん
コメントをありがとうございます。
おっしゃるようなことを、私も思います。代理出産をしたいという考えにとらわれた方は、自身の精神的苦痛や不全感に支配されて冷静な判断ができていないのではないか、と感じます。だからこそ、制度としては、そういった方々に冷静になってもらうためにも、歯止めが必要だと私は思うのです。
最近は、代理出産の議論もひところにくらべると下火になってきているのかな、と感じます。賛成者が増えないので、おおっぴらに宣伝しても逆効果なだけで、今ほそぼそとやっている例まで禁止されて不可能になってはまずいし、ということなのかもしれませんね。
Posted by あずみ at 2010年07月29日 06:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25625436
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。