2006年11月02日

必修科目に必然性はあるのか〜高校未履修問題(その2)

前の記事に続き、高校未履修問題について、気になっていた点その2について。

今回の未履修問題では、本来必須であるはずの世界史の未履修が大きな問題となっている。一部には家庭科や保健、芸術科目の未履修の報告もあるが、最も未履修者が多く、クローズアップされているのは、世界史を含む地理歴史(地歴)科目である。

受験に必要ない、というのが理由であれば、もっと不必要な科目はある。上記にも出た家庭科、芸術、そして保健体育、そして総合的学習の時間。
実際には内容的に別の科目に振り分けられている可能性のある総合的学習の時間は別として、上記のより「必要ない」科目を削られるケースは少なく、むしろかなりの生徒にとって受験科目ともなり得る*1世界史が問題となっている。

つまり、今回の問題の本当の焦点は、「受験に必要ない科目をやらない」ことではなく、特定の教科において、特に蓋然性もなく必修とされた科目があり、それによって特定の教科の必要単位数の現実的な増加、他の教科への圧迫が起こり、現場からするとどうにも首が回らなくなっていて、本当はそうしたくはなくても、学習指導要領に反するしかない、ということなのではないだろうか。

個人的には、世界史は大好きだ。日本史も好きだが世界史はめちゃくちゃ好きだ。受験が不利になるかもと思っても、好きな教科で受ける方がやる気が出てよく頭に入るはずだと世界史を選択履修した人間である*2。愛してると言ってもいい。
しかし、高校の必修として世界史が必要かには、疑問がある。
必修ということは、高校卒業程度の教養として必要だ、という考えだと思うが、そこで日本史を差し置いて世界史というのは納得しがたい。どうしても必修とするなら日本史だろう。
国際紛争の根拠などに対する国際的な知識を身につけるため、ということなら、地理で十分。地理の範囲で宗教、戦争の影響など重要な事項に触れればいいだけだ。
どう考えても、世界史を必修とする意義が見えない。せいぜい、世界史、日本史、地理の3つから選択、程度の重要性だ。

そこで、この中から2科目選択としたらどうか、と仮定してみた。
そこで以下のリンクを見る。
参考リンク:文部科学省 高等学校学習指導要領−附則−
以下、このリンク先の科目表記にもとづいて。

国語、英語などは理系文系共通と仮定し、社会科系と理科の必修単位数を見ると、

社会:世界史(2または4)+1科目(2または4)+公民(2または4)
理科:基礎・総合(2)+各科T(3)

となる。これだけ見るとほとほどイーブンに見えるが、実際には、地歴のAは受験レベルではあまり役立たないため、進学校ではBをやっているはず。これで合計10〜12単位。
同様に、理科も各科Tだけでは受験レベルに足りず、実際の授業ではT・Uを続けてやっているはずである。これで8単位。
理系の場合、そこそこのレベル以上の大学は理科は総合を除いて最低2科目必要になることが多く、高校の授業でも2科目履修する。合計14単位。
こうして比べてみると、理系志望者はかなり単位の圧迫を受けていることがわかる。社会科系と理科で、文系志望者が事実上必須として履修するのは18〜20単位に対し、理系志望者は24〜32単位なのである。

なぜこんなことになってしまうのかというと、一つは、社会科系に必修単位が多すぎるからだ。社会科系は進路に関わらず必修なので、文系志望者は理科の単位をかなり減らせるにもかかわらず、理系志望者は社会科系の単位を減らすことができない。
(そのために負担にならないようAがあるのでは?という疑問もあるだろう。その点は私も考えたが、納得する結論が出ている。それはこの記事の末尾に余談として掲載する)
そもそも、地歴で2科目必須というところに無理があるとしか思えない。紙の上では無理ではないが、現場には運用上どうしても無理が出がち、ということである。

だからといって、大学側の試験科目を批判するのも間違っている。
大学の入学試験の目的は、自分の大学に入って、そこでより専門的で高等な学問を修める能力をもっているか、を見ることだ。専門的になるので、極端なことを言えば、専門と関係ない科目の能力については特に必要がない。高等数学を学ぶために歴史の知識はいらないし、歴史の研究をするために数学もいらない。教育学部の一部コースのように浅くても広い知識を必要とするところもある。
それに基づいて試験科目を決め、実施しているわけで、異論を唱えようもない。

しかし、少なくとも、大学側の要求する「必須」と、文部科学省が考える「必須」には、現状で大きな乖離がある。
高校は大学への進学をすすめる進学校ばかりではなく、とにかく高校卒業だけを最終目的としている生徒の多い学校や、実学系の学校など、多彩である。こういった学校では未履修は問題にはなっていないし、教養を目的とした学習に意義があると思われる。
しかし、次のステップへ進もうとする生徒に対して、高校の授業があまりに不十分であることは、すでに分かっていることなのだ。

どうしたらいいのか、は素人判断では難しい。
しかし、今回の問題には、学校側の責任はもちろん大きいが、それ以前に、そもそもの学習指導要領自体に重大な瑕疵があるんじゃないだろうか、と思わずにはいられない。
ただでさえ、ゆとり教育以来、下の学校でやっていた学習項目が上の学校に持ち上がり、玉突き式に高校にしわ寄せが来ている状況だ。それでも大学の学問レベルが下がるわけではないから、しわは高校で大きく険しい山となる。
それにもかかわらず、なぜ必修になったのかよく分からないような必修科目があったりする。
そりゃ現場は、反発したくもなるだろう。未履修をやった学校(と教師たち)を擁護は全くしないが、同情はする。
もう少しだけ学習指導要領に柔軟性や余裕があれば、このようなことにはならなかったのだろう。どうせ政府は、今回の問題は学校だけのせいにして、学習指導要領の見直しをしようなどとは思わないのだろうが。

どうも文部科学省というやつが、信用できない。信頼できない。
国の教育の根幹なのだが。これから子どもたちがそのお世話にならねばならないのだが。
暗い気分になる。


【余談】
上記の参考リンクなどを読んでみると、地歴必修は世界史A(2単位)または世界史B(4単位)。
単に受験に使わない世界史を学ぶのがいや、というだけなら、コマ数が少なく内容も少ない世界史Aをやらせておけばよかったんじゃないの?という素人考えが浮かぶ。
そこで、身近にいる現役高校教諭(社会科ではない。勤務先は大学へ95%、その他も含めればほぼ100%進学する普通科中堅校)に聞いてみた。
さすがにそれは難しいらしい。世界史で受験する生徒もいるからだそうだ。受験に使うなら、Aではおそらく内容が足りないんじゃないか、という。調べてみたら、一応センター試験は世界史Aでも受験できるようだが、大学によって必要とされる科目が違い、受験する大学のうち1つでもBのみしか認められないもの(特に文系学部)があれば、Bで受けなければならない。
理系の場合はもっと甘いが、こちらは地歴・公民の両分野から1科目、という場合が多く、受験においては世界史Aで受けるメリットはあまりない。公民も必修科目であるし、昔から公民のほうが勉強しやすく点もとりやすい。
理系・文系コースが2年春くらいから事実上分かれるシステムの学校ならそれでも対応できそうだが、そうでなければ全員が履修する授業のために2コマと4コマを別々に用意し、進路によって振り分けるのは、カリキュラム構成上まず無理だろう。話によると、最近の子は、進む大学どころか、理系か文系かも自分で決められず、個別に進路指導をしてもらわないとならないらしい。


*1:芸術、体育などが受験科目になる学部学科ももちろんあるが、その場合は、学校教育の範囲を越えたレベルで合否と関係するケースがほとんどと考える。


*2:理系だったが、当時の共通一次が直前まで5教科7科目だったため、社会2科目が必要で、理系は現代社会と地理で受ける人が多かった。ただ結局、我々の年から1科目でよくなったので、世界史の出番はなくなってしまった。

posted by あずみ at 11:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読ませていただきました。
あずみさんのご意見、大変参考になりました。。
各大学の学部によって違ってくる必要な必修と文部省の必修(ほんとに必要?)のズレの溝を埋めるのに苦労しているのが進学校の現状ですね。
私も歴史は好きですが、学校で授業は面白くなかった気がします。たまに魅力的な授業をしてくださる先生にめぐり合えると感激しましたが(笑)むしろ、日本史は逆さに学習する現代から昔に進んだほうが、ずっとわかり易いのに・・・と感じることも。
生徒達が興味が持てるような指導方法の重要性を感じますね。

理系・文系すら決められない高校生がいるというのは事実です。子どもの頃から塾など、受け身の教育ばかり受けているので、自分で考えて判断する能力が乏しくなっています。これは勉強以前に1人の人間としてなんだかなぁと将来が心配になります。
いろいろと教えていただきありがとうございました。^^

Posted by ハル at 2006年11月03日 08:50
>ハルさん
学校での歴史の授業は、あまり面白くないと感じていました。そういう話はよく耳にしますね。ハルさんもやはりそうでしたか。
学校の授業はどうしても、事実の表面をなでるような内容しかないし、時間的にも内容的にも限界があるので、たぶん教えている先生の方もあまり楽しくなかったり、もどかしかったりするんじゃないでしょうかね。
教材や内容の自由度の高い国語・英語や、ニーズと学習内容が一致している数学に比べると、社会科や理科は先生方の側にもいろいろと現状不満があるんじゃないかなと感じます。

理系・文系すら決められない子の話を聞いた時は、マジか?と思いましたが、本当なんですね。
彼らは大学へ行って何をするつもりなのでしょうかね。

ハルさんの日記、新しい記事を読ませていただきましたが、大変興味深かったです。実際に現場で関わっている方の話は重いです。教育に限らず、矛盾に満ちているのが世の中だと言ってしまえばそうなのですが、それでいいわけはなく。
日記にコメントはできなさそうだったので、こちらで書かせていただいてしまいました。
Posted by あずみ at 2006年11月03日 17:45
はじめまして。
実際教育現場にいるものです。未履修問題を検索しているうちに立ち寄りました。

自分は組織の中にいても、迎合的な立場を取らず、ちょっと浮いてます。ごまかしやいい加減は嫌いなので、いつも内部批判してます。
うちの高校も完全な振り替えなどはないのですが、微妙な点がありました。いつもの自分なら、隠蔽だ、屁理屈だ、といって批判するのですが今回はしませんでした。というかできませんでした。国・教委・現場は責任のなすりあい。自分も関係者として恥ずかしく思います。
あずみさんの二つの意見はかなり的を射ているような気がしてすっきりしました。こちらの内容は、個人的に思ってきたことに似ていましたので。

『日本の思想』で有名な丸山真男氏によれば、教養は持っていること自体に価値があるそうです。「〜である」ことすなわち「状態」に価値がある。政治や経済は「〜する」すなわち「行為」に価値がある。たしかに政治家「である」ことに価値はないですよね。学校は「である」価値を最高の価値観として教育すべき場だろうと思いますが、その評価には必要以上に「する」価値が入り込んできています。進学実績なんていうのはまさにそれです。実績重視は経済分野では当たり前のことですが、教育の現場にはそぐわないもののように感じています。

これらの現象は日本の社会が生み出していることではないでしょうか。自分も社会の成員として責任の一端があると思います。それは、マスコミや政治家も同レベルです。責任のない高みから報道している輩はただ「事を好む」レベルであって、本当の問題意識を持っていない気がします。

あずみさんの様な見方をする人ばかりだと、日本という国もいろんな面で少しは落ち着くように思います。
Posted by ヒデ at 2006年11月07日 04:27
ヒデさん、コメントありがとうございます。
この件については、非常に多数の未履修校があって、それ以外にもヒデさんのおっしゃるような微妙なところのある高校が多数あると思われています。
数校程度のことなら学校側に問題がある、とも言えますが、3桁にものぼる数の高校で未履修があったというのは、何か根本的に、構造的に重大な問題があるとしか思えませんでした。
何もかも学校のせいにしてことを終わろうとしても、結局なんの解決にもならないと感じています。

現場にも、いろいろな方がいて、教育や生徒と向き合って頑張っている方もいれば、噂に聞くような組織への迎合者や、別方面への組織活動ばかり夢中になる人もやはり実際にいる、と聞いています。
ヒデさんのように教育と向き合おうとしている方が現場で頑張っていらっしゃるのは心強いです。

そろそろ報道では未履修関連は一段落ついてしまい、ニュースの数も減ってきましたが、本当はここからが正念場なんですよね。
このままうやむやになりそうなのが一番の不安です。
Posted by あずみ at 2006年11月08日 04:49
コメントいただきありがとうございます。
今日は、もう少しつっこんだ個人的コメントをさせていただきたく思います。

私自身は国語、特に現代文分野を教えることが多いのですが、実を言うと、世界史的知識を少しでもかじってくれていると、日本の近現代の特徴を知ることが優しくなると感じています。日本の近代は「恩賜的自由」から始まったという、ヨーロッパとは違う特徴を持っていますが、その特殊性はヨーロッパの近代社会の成立を知ってはじめて分かるものです。森鴎外の『舞姫』だとか、夏目漱石の『こころ』などの定番作品はこの話をしなければ、授業内容は薄くなります。ですから、個人的には世界史必修は賛成なんです。大学受験に必要・不必要で考えれば、理系ではまずいらないことは間違いありません。でも、鴎外や漱石が感じた日本の問題点は今でも生きている問題です。自分とすれば、そういうことは是非伝えたいし、子どもたちに考えて欲しい内容なのです。たとえそれが受験の観点からすれば「無駄」と位置づけられていたとしても、です。

理系の生徒達は、この時期になると現代文の時間にはいわゆる「内職」をする生徒が増えます。数学・化学・物理等の問題をこっそりやっている場面がありますが、自分は問題が解けるようになることより大事な自分を形成する時間だとたしなめます。しかし一方でそういう生徒の気持ちが分からないでもないです。時には注意している自分が悪者になっているような気がしたりもします。

何か日本には誤った「合理主義」が強く根付いている気がします。即物的な利益につながらなければ「無駄」だと考えている人間が多いです。教育は、社会に出る準備段階として、世間・社会からの防波堤になるべき場所だと思っていますが、今は世間のニーズに迎合させられる場所と化しています。教育はそれこそ昔のように「国家百年の計」の礎となるべきものだと思いますが、今の教育にはビジョンがない。日本をどんな国にして、そのためにどんな国民が必要なのか。そこに教育内容の原点があるべきです。そういう将来的なビジョンもなく、目の前にある問題のみに対処し、いつも後手を踏まされている(世界史が必修になったのも、某総理大臣のエゴと国際化に後れを取っている状況からだったと思います。)現状で、何を教育するのでしょう?

個人の利益と家庭のニーズによって学校を評価しているから、受験結果に走る学校が増えてしまう。それをマスコミもおもしろおかしく取り上げて話題にする。国として明確なビジョンがない。だからカリキュラムも、ああいうものになるのじゃないかな、と思います。高度経済成長を経て、拝金主義的になってしまい、何をするにも合理性や利益率を考え、自分がサービスを受ける立場になりたいと考える人間があふれかえっています。

授業料の対価(=商品)として教育を求める大人達。その環境で育った子ども。そこに迎合する学校。ビジョンを持たない国。無責任な立場から騒ぎ立てるマスコミ。今回の問題を契機に、私も含めて、みんなで見直していくべき問題だと思います。

長いコメントで申し訳ありませんでした。
Posted by ヒデ at 2006年11月08日 22:04
>ヒデさん
「合理主義」に関しては、教育分野のみならず、世代を問わず蔓延しているように思います。企業のリストラや派遣・パート率の上昇などは典型的だと思います。
しかし、そういった「合理主義」に基づいて経営しなければ他社や他国との競争に負ける状況になっているのもまた事実なんですね。

学校教育という分野は難しいもので、理想ばかり追っても社会構造と乖離するばかりで役に立たず、かといって理想を捨てて社会に迎合しては本来教育の果たすべき役割を果たせない。
どこかに、理想と現実の両方をバランスよく両立させる落としどころがあるはずなのですが、少なくとも今現在の状況はその場所ではないように思います。

素人なので、どこをどうすればいいか、などとは議論できる知識も体験もなく、ただもどかしい思いを書き綴っているだけなのですが、とりあえずは問題意識を持つところから始められればいいかな、と前向きに考えることにしています。

貴重なご意見、どうもありがとうございました。
Posted by あずみ at 2006年11月09日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。