2006年12月01日

第5回21世紀出生児縦断調査に関する記事あれこれ

我が家の上の娘は2001年生まれ、21世紀ベビーである。
という前置きはさておき、「21世紀出生児縦断調査」という政府の統計調査がある。2001年に生まれた子のうちの一定の集団を、定期的(これまで毎年1回)にさまざまな項目について調査していくものである。母数はかなり多い。
この「21世紀出生児縦断調査」の第5回の結果が先日発表され、それについて各新聞が報道していた。

自分がまず気がついたのは、我が家で講読している日経。ネット上のリンクはこちら。

NIKKEI NET:社会 ニュース 4歳半児、4割が習い事・厚労省調査
記事の内容は、テレビ視聴時間、コンピュータゲームをプレイするかどうか、習い事をしているかどうか、の3点。うち、見出しになっているのは上記のとおり、習い事。

他紙に他にも記事があるかな、と興味をもってネット上で調べてみた。

朝日はこちら。
asahi.com:出産後再就職、正社員は困難 厚労省調査 - 暮らし
朝日の見出しは、正社員で働いている母親は継続調査の中で割合がほとんど増えていないことである。記事内容もその内容に終始し、子どもについての話は全く出ていなかった。

時事通信(新聞社ではないが)はこちら。この記事は各所のネットポータルのニュースでも見かけた記憶がある。
子供との時間、2割が30分未満=父親、仕事で帰宅遅く−01年出生児調査
時事通信の見出しは、父親が子どもと接する時間が大変短いことである。記事自体も短く、見出しの内容を2行で伝えている。焦点は子でも母でもなく、父親である。

ニッカンスポーツでは、こう。
4歳半児、約3割がゲーム - 社会ニュース : nikkansports.com
内容は、日経の記事中でもとりあげられていたゲームのプレイ率の他、朝日でもとりあげられた母親の就職状況、さらに一人で食事をとることがある子の割合、子育て費用が負担かどうかについて、と、かなりの内容が盛り込まれ、行数も多い。
うち、見出しになっているのがゲームのことというのは、スポーツ紙らしいというか。
記事の内容としては、むしろスポーツ紙にしては随分頑張っている、という印象だ。

と思ったら、これはどうやらニッカンスポーツが書いた記事ではなく、共同通信のものらしい。まったく同じ記事を別のところで発見した。

4歳半児、約3割がゲーム 2割は「食事よりテレビ」 [CHUNICHI WEB PRESS]

これは東京新聞(中日新聞)のホームページの記事である。
あのなあ……地方紙とはいえ、仮にも一般紙なら、このへんの記事くらい自前で書け、と言いたい。自社カラーが見えない。

ちなみに、毎日新聞については、検索したり目で見たりして探したが、これに関する記事を見つけることができなかった。スルーしたのか?
全国紙としては取り上げるに値するニュースのような気がするのだが、何か思うところでもあるのだろうか。

ラベル:育児 新聞
posted by あずみ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。