2006年12月13日

NHKこども番組プロデューサー、大麻所持で逮捕される


NHK職員を大麻取締法違反の疑いで逮捕


NHKの職員が大麻を所持していて捕まったというニュース。覚醒剤も一緒に持っていたらしい。
このニュースの中で、
NHKによると、猪瀬容疑者は86年に入局し、おもに教育番組の制作を担当していた。

という一文があったので、気になった。おそらくNHK教育の番組という意味なのだろうが、別の報道ではこども番組制作という話もあった。いったい大麻やら覚醒剤やらでラリっている者がどんな教育的番組を作っていたのだろうか?
というか、きちんと作れるのか?

と思っていたら、このような記事が見つかった。

ブログ「天漢日乗」より NHKのこども番組担当PD 大麻所持で現行犯逮捕 覚醒剤も所持か

こちらによると、逮捕されたのはNHK制作局青少年・こども番組部のディレクターなのだが、プロデューサーとして名前が出ているのは、何年も前の「天才てれびくん」の1コーナーだけだそうだ。
なーんだ。

「天才てれびくん」(現在は「天才てれびくんMAX」)は、常々箸にも棒にもかからない、どうにもならない番組だと思っていて、たぶん他からとばされた人が作ってるんだろうなぁ、見ていてもなんというかやる気が感じられないんだよなぁ、と思っていたが、なにかそんなごく個人的な印象が裏付けられてしまったような気がする。

ラベル:NHK教育
posted by あずみ at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「天テレ」は私たち夫婦間では「どうでもいい番組」と呼ばれてマス。でも、子どもたちは意外に好き。不思議だ〜。
Posted by ぽよまま at 2006年12月14日 19:38
>ぽよままさん
あー、やっぱり? うちでは「どうでもいい」を超えて、旦那は「見せたくない番組」にカテゴライズしてます。
そう、でも、子どもは意外と面白がって見てるんだよね。どこが面白いんだろう???
Posted by あずみ at 2006年12月15日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。