2007年01月25日

何歳から一人で外に出すべきなのだろうか

自分の子らもだんだん大きくなってきて、いつごろから一人で外に出そうか、と考えている。
下の娘は3歳だからまだまだだが、上の娘は年中、次の春には年長になる。既にぼちぼちと単独で家の外に出かけるようにはなっていて、歩いて2〜3分のスーパーまで一人で「はじめてのおつかい」に行って成功したこともある。
身体を動かす遊びが好きな子だから、もっと公園などに連れていってやりたいのはやまやまだが、通園バスの時間の関係で、幼稚園から帰ってくるのは小学生と同じくらいの時間。既に夕方になりかかる頃で、親が一緒に公園に行ってやるにはちょっと遅い。
一人で近場の公園まで行けるようになればいつでも遊びに行けるのだが、それは何歳ごろなのか。そこの見極めに迷っている。

自分の子どもの頃、今から30年ほど前のことを思い出してみたが、参考になりそうにない。
まず、当時の住まいは家の規模にしてはけっこう広い庭のある一戸建てだったので、公園まで行かなくても、家の庭で遊んでいて十分に満足に遊べた。庭に小さな砂場もあった。
もう少し大きくなって、一人遊びがつまらなくなると、近所の子と一緒に、家の前の路地で遊んでいた。住宅地内の未舗装の路地なので、よっぽど車は通らなかった。やがて道は鋪装されたが、やはりあまり車は通らず、近くにオープンな空き地もあったので、遊ぶには困らなかった。よくゴム飛びやかくれんぼなどをやっていた記憶がある。

ちなみに、私の実家と現在の住まいの環境は、ある意味よく似ている。30年前には一面田んぼや畑ばかりの中にやっと拓けた新興住宅地のはしりだったが、15〜20年ほど前から急速に田畑が消えはじめ、最近は次々にマンションや分譲一戸建てが立ち並ぶようになってきた地域だ。

今はどうか。
まず、一戸建て自体があまりない。現在の住まいもマンションだ。なんとか一戸建てに住めたとしても、庭は申し訳程度にあるくらい。子どもの遊べるスペースはない。
そして、当時とは圧倒的に車の通行量が違う。家と家の間の狭い路地でも、抜け道として結構なスピードで車が走り抜けてゆく。とても路地では遊べない。路地が狭くて歩道もないぶん、子どもを一人で歩かせるのでもびくびくものである。
この時点で、自分の子どもの時とは明らかに状況が違う。外で遊ぼうと思うと、まず公園まで行かねばならない。公園まで一人で行かせるなら、それなりの覚悟が必要である。途中の路地で交通事故に遭う可能性、不審者に出会う可能性。公園に不審者が来る可能性もある。
昔のように、家にいても子どもの声が聞こえるような、もし何かあったらすぐに家まで誰か友達が声をかけにきてくれるような、そんな環境で外遊びさせるというのは、環境にもよるが、事実上無理なのだ。

昔は良かった、と言うだけならば誰にでもできる。
昔はこういうことができたのに、今できないのは○○が悪いんだ、と文句を言うことも誰にでもできる。
しかし、世の中は常に変化している。
昔のことを持ち出して、昔はこうだった、昔は良かった、だから昔のようにしよう、と言っても、そんなことはできっこない。現状があるのは、それなりに理由がある。一つの原因だけで現状があるのではない。
例えば、今回の外遊びの話ならば、車を減らせばいい、住宅地は歩行者専用にすればいい、なんて簡単な話ではないことは明らかだろう。住宅地に住んでいる人の車はそこを通らないわけにはいかないのだから。

今の子どもたちは室内で遊ぶことが多く外遊びが少なくなった、ということもしばしば言われるが、上記のような状況があるのだから、それも当然だ。
たまに夕刻に公園へ行くと、小学生くらいの集団が自転車で遊びにきていることがある。その多くが男子である。女子はほとんど見かけない。就学前の小さな子では男児も女児も同じくらい見かけるのに、小学生となると、見かける女子の数が明らかに減る。
私の近くの公園がたまたまなのかもしれない。が。

窮屈で暮らしにくい世の中だって、今自分がそこで生きているのなら、そこでできることをやっていくしかない。
昔はこうだった、昔はよかった、なんてことは、参考にはなっても解決には決してならない。
何もかもが違いすぎる。


ラベル:育児
posted by あずみ at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一人で公園に行かせるようになったのは、小学校に入ってからかなあ?
当時住んでいたマンションから公園まで一本道で1分。
多分99%は無事に行けると思うのだけど、子どもの世界には思わぬハプニングがある!それはアホな男の子だからかもしれませんが・・・。
被害者にならないことは勿論、加害者にならぬよう、監視についていった記憶があります。

ちなみにその公園の主力は女の子でした。しかも、木登り・一輪車等々元気なのも女の子で、男の子は公園でDSしているのでした・・。
Posted by ぽよまま at 2007年01月26日 16:34
>ぽよままさん
コメントありがとうございます。
小学生にあがるくらいが目処かな、とは私もなんとなく思っていました。否が応にも子どもだけで通学するようになりますしね。
しかし、小学生でも1〜2年くらいだと、集団登下校ならまだしも、単独で歩かせるにはいろいろと不安がありますよね。
一方では、年長くらいになったらもう一人で友達の家まで行っている、という人もあるようです。周囲の環境によってもそのへんは違うんでしょうね。
親としては、一生子どもについていけるわけじゃないんだから、どこかで腹を決めるしかないんですが、今通っている幼稚園にも時々警察からくる不審者情報(声かけだの露出だの)が張り出されていますし……悩ましいです。

加害者になるほうも、実は怖いです。うちの娘は、調子にのりやすく周囲への目配りができない(視力が悪いこともあって)タイプなので、調子にのって相手をこかしたり、周りを見ないで遊具を使って怪我をさせたり、なんてこともあるんじゃないかと。もう心配しだすときりがありません。

そうそう、けっこう公園でDSやってる集団、このあたりでも見ます。児童館はゲーム機持ち込み禁止ですし、家以外だと、公園などしかゲーム機が使える場所が実はないんですよね。携帯機が普及した近年ならではの風景でもありますね。
Posted by あずみ at 2007年01月26日 22:34
私もこの問題に関心のある一人なので、あずみさんがどういう結論を出すのかドキドキしながら読み進めました。

考えの過程は同じ。

結論は、やっぱり出ずじまいでしたか。いや、自分でも出せないところなのです。人の子にならアドバイスできそうなのですが(っていうか、子どもがいなかったら言いたがりの私だから、「こんなもんじゃない?」って言いそう)自分の子となると特別すぎて結論でないまま。
小学校3年の息子は自転車では外出させません。だって前を見て運転しないもん!公園まで、あるいは近くのお友達の家なら一人で外出は2年生の頃から始めました。「自転車に乗って公園で待ち合わせ」という場合、公園まで自転車を引いて行け。公園でなら乗っても良い、とか言ってますが、彼は不満そうです。それなら歩いていく!と言います。
明日には引っ越すので土地勘も無くなるし、また1から出直しです。
この問題は社会が変わってしまった。何もかもが変わってしまって、本当に結論のでない悩ましい問題ですね。
とくにあずみさんのところは女の子だから余計に不審者など不安でしょうね。私も下の娘だったらもっとビクビクすると思いますもの。
そうか〜。やはり、あずみさんの思考回路を持ってしても結論出せないのか〜、とちょっと安心したところはあります。ははは。
Posted by ゆーか at 2007年01月27日 01:20
>ゆーかさん
うちの場合は、まだ年中ということもあって、あわてて結論を出す段階にないというのは正直ありますね。
危険予知や危険回避というのも経験がものをいうので、あまり過保護に考えても自立できない、ということもあるから、どんどん出させたいという気持ちもあります。
まあ、今は本人がまだ一人で公園までは出たがらない(幼稚園の友達が近所にいないから、一人で行っても面白くない)ので、親が頭の中でぐるぐる考えているだけなんです。
小学生になると、同じ地域の友達ができて、自発的に一緒に遊びたがるようにもなると思うので、小学校入学が目処かな、というのは、そのあたりもあります。

不審者のことは、もう仕方ないです。何歳になっても心配なものは心配ですし。
しかし、もしも小さいころに一人で出かけさせて不幸なこと(不審者関係のことだけとは限らず)になった場合、きっと親は一生後悔し、自分を責め続けると思います。下手すると、周囲の人からも責められ続けるかも。
そう思うと、本当にきついです。ある意味、親になるだけで実に多くの責任を背負わねばならないんだなぁ、と実感します。自分の親たちもそうだったんでしょうね。

結局は、子ども自身の成長や自立意志と、親から観察した周囲の環境や子どものしっかりさで総合的に判断するしかないことだと思います。特に住環境などは個人差が大きいですしね。

それにしても、引っ越しっていうのは大きな節目ですよね。大人でも慣れないところでは戸惑うのに。お子さんたちも転校でしばらく大変でしょう。早く慣れるといいですね。
Posted by あずみ at 2007年01月27日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。