2006年11月02日

必修科目に必然性はあるのか〜高校未履修問題(その2)

前の記事に続き、高校未履修問題について、気になっていた点その2について。

今回の未履修問題では、本来必須であるはずの世界史の未履修が大きな問題となっている。一部には家庭科や保健、芸術科目の未履修の報告もあるが、最も未履修者が多く、クローズアップされているのは、世界史を含む地理歴史(地歴)科目である。

受験に必要ない、というのが理由であれば、もっと不必要な科目はある。上記にも出た家庭科、芸術、そして保健体育、そして総合的学習の時間。
実際には内容的に別の科目に振り分けられている可能性のある総合的学習の時間は別として、上記のより「必要ない」科目を削られるケースは少なく、むしろかなりの生徒にとって受験科目ともなり得る*1世界史が問題となっている。

つまり、今回の問題の本当の焦点は、「受験に必要ない科目をやらない」ことではなく、特定の教科において、特に蓋然性もなく必修とされた科目があり、それによって特定の教科の必要単位数の現実的な増加、他の教科への圧迫が起こり、現場からするとどうにも首が回らなくなっていて、本当はそうしたくはなくても、学習指導要領に反するしかない、ということなのではないだろうか。

個人的には、世界史は大好きだ。日本史も好きだが世界史はめちゃくちゃ好きだ。受験が不利になるかもと思っても、好きな教科で受ける方がやる気が出てよく頭に入るはずだと世界史を選択履修した人間である*2。愛してると言ってもいい。
しかし、高校の必修として世界史が必要かには、疑問がある。
必修ということは、高校卒業程度の教養として必要だ、という考えだと思うが、そこで日本史を差し置いて世界史というのは納得しがたい。どうしても必修とするなら日本史だろう。
国際紛争の根拠などに対する国際的な知識を身につけるため、ということなら、地理で十分。地理の範囲で宗教、戦争の影響など重要な事項に触れればいいだけだ。
どう考えても、世界史を必修とする意義が見えない。せいぜい、世界史、日本史、地理の3つから選択、程度の重要性だ。

そこで、この中から2科目選択としたらどうか、と仮定してみた。
そこで以下のリンクを見る。
参考リンク:文部科学省 高等学校学習指導要領−附則−
以下、このリンク先の科目表記にもとづいて。

続きを読む
posted by あずみ at 11:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

未履修問題と「なんで勉強なんてしなくちゃいけないの?」〜高校未履修問題(その1)

最近世間を賑わせている、高校の必須科目の未履修問題。
これについて思うところが2点あるのだが、まずはそのうちの1点について。

最初の富山県立高校のニュースが報道されてから、それに絡むいくつかのブログを読んだが、その中のいくつかで、「受験に関係ない科目はやりたくない、という受験主義の生徒も悪い」という意見が見られる。主に、卒業が3年2学期のこの時期になってから急に危うくなったり、受験期なのに猛烈な補習をせねばならなくなった生徒たちに同情的な報道などに言及したブログで見られた。
中には「生徒は被害者じゃない、加害者だ」とまで書かれたものもある。

これらの意見を読んだとき、私は「やはり生徒たちはかわいそうだ」と思った。
彼らに「受験にいらない勉強は必要ないもので、学ぶ必要はない」と刷り込んだのは、いったい誰なのだろうか。

私の上の子は現在5歳半。とにかく勉強が楽しくて仕方ないらしい。
もちろんこの年齢なので、やることはひらがなの読み方、カタカナはまだ読むくらいまで、数字を数え、大きさくらべをし、簡単な足し算引き算をする程度。あとは、迷路やしりとり、仲間わけや間違い探しなど、いわゆる知恵あそびの類。
ドリルをやり出すととまらなくなり、一気に10ページ以上やってしまう。解けるのが楽しい。
新しいことを覚えるのも楽しんでいる。小学生向きくらいのNHK教育の番組も真剣に見て、しまじろうの教材本やDVDからも次々と知識を吸収して、ときに「ママー、○○は△△からできるんだよ、しってた?」などと披露してくれる。

かわって、自分自身のことを思い出してみる。
やっぱり勉強は楽しかった。
もちろん目的のために受験勉強もした。受験勉強自体はテクニックであり、目的のための手段にすぎず、そう楽しいものではなかったが、それなりに面白く、特に嫌いということはなかった。
それとは別に、目的と関係なく、いろいろな知識を学ぶこと、新しく何かをできるようになること、覚えた知識を元にして新たなことを考えることができるようになることが、純粋に楽しく、自分自身がより大きな立派な何かになっていくような気がした。むしろ受験という目的と関係なかったからこそ楽しめたともいえる。
少なくとも、高校生当時の自分にとって、不必要な勉強というものはなかった。勉強したことが自分自身の財産になることは、自分の頭が一番よく分かっていた。
受験には不必要、と限定しても、少なくとも、学習指導要領という決まりを曲げてまで排除しなければならないほど忌避すべきものだとは考えもしなかったし、そもそも学習指導要領の内容すら知らなかった。
続きを読む
posted by あずみ at 12:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ブルーベリーではなくてポップアップの落とし穴

ブルーベリーと紹介なんと毒物だった - 芸能ニュース : nikkansports.com

 テレビ東京が27日、同日午前6時45分から放送した「おはスタ」番組中でブルーベリーと紹介した植物が、食べるとおう吐などが起きる「ヨウシュヤマゴボウ」と分かったため、注意を呼びかけた。

というニュースがあったのですが、幼少時、ヨウシュヤマゴボウなど家の周りにこれでもかと生えていてよく見ていた身からすると、どこをどうやったらブルーベリーと間違えるのかと。実の大きさや形が全然違います。
もしかしたら、子どもに「これブルーベリーだよ!」と言われたTV局のスタッフが、実は生のブルーベリーを見たことがなく、ジャムや砂糖煮のイメージが「ああ、こんな感じの大きさだったよな」と思って、そのままろくに調べもせず放送してしまったのかもしれません。それでも十分にトンマでありますが。

そこまでは「あーあ、困ったもんだ、やっぱり民放は(人的財産含めて)子ども向け番組には手をかけてないなー」と偏見たっぷりに思うだけですが、この件で新たに気がついたことがあったのです。

ニュースによると、
同局の夕方のニュースやホームページで食べないように呼びかけた。

とのことだったので、該当ホームページを見に行ったのですが、どこにもその注意は書いてありません。それ以前に、クリックできる場所がありません。
あれ、これどこにも注意書いてないじゃん?と思って、別のページなどもさまよったあげく、しばらくして気がついたのには、ブラウザの情報に「ポップアップがブロックされました」と表示されていたのでした。
そこをクリックしてポップアップを許可したら、案の定、ポップアップに件の注意が書いてありました。

この手の注意やお詫びの類は、プッシュ情報(送り手側から強制的に送りたい)にあたるはずなので、目立つポップアップを使うこともいいのですが、今どき広告などを排除したりセキュリティレベルを上げるためにブラウザ側でポップアップを抑制している人も多いはず。
ポップアップだけでなく、トップページにちゃんと注意を書くことが重要なんじゃないかと思うわけです。
ちなみに、テレビ東京のサイトのトップページには、ページ右上の更新情報欄に「 「おはスタ」に関するお詫びと訂正」というタイトルで小さく書かれていますが、そこをクリックして出るのは結局上記の「おはスタ」公式ページなのです。

そんなことが勉強になったニュースでした。
勉強しても自分がそれを生かすチャンスはたぶんないのですが。
posted by あずみ at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

NHK教育で行こう!〜その9「しばわんこの和のこころ」

ちょっと根をつめた記事が続いたので、今回はゆるい記事を。

私は以前やっていたブログ(過去ログはこちら)で「NHK教育で行こう!」というシリーズ記事をやっていました。個人的にNHK教育テレビの番組にハマッていて(これは今もそうですが)、有名どころからマイナーかな?というところまで、自分の気に入った、あるいは何か言いたい番組について記事にしていたものです。
過去の記事一覧はこちら。

NHK教育で行こう!〜その8「だいすき!マウス」
NHK教育で行こう! 〜その7「みてハッスルきいてハッスル」
NHK教育で行こう!〜その6 今春の新番組から
NHK教育で行こう!〜その5「わかる国語 読み書きのツボ」
NHK教育で行こう!〜その4「わたしのきもち」
NHK教育で行こう!〜その3「おかあさんといっしょ」
NHK教育で行こう!〜その2「ピタゴラスイッチ」
NHK教育で行こう!〜その1「いってみようやってみよう」

さて、今日は久方ぶりに「その9」を書きます。
とりあげる番組は「しばわんこの和のこころ」。
放送時間帯はこちらの紹介サイト*1をご参照ください。私が見ているのは土曜8:30〜8:35の5分間の放送です(ちょうど「おかあさんといっしょ あそびだいすき」の前番組)。

この番組は、白泉社から出版されている同名の絵本シリーズをアニメ化したものだそうです。内容は、日本的な季節の慣習や日常の知恵、礼儀ごとや和菓子、食器など、和的なものをいろいろと紹介するものです。そのナビゲーターとして、主人公格の柴犬「しばわんこ」、三毛日本猫の「みけにゃんこ」が登場します。しばわんこ、みけにゃんこはそれぞれ擬人化されています。
このしばわんこ、みけにゃんこの絵がとてもふくふくほこほことしてかわいいのです(紹介サイト参照)。しかもその絵がそのままアニメになっています。Wikipediaによれば、原画を生かすため、原画からコピー&ペーストでアニメを作っているそうです。すばらしい毛の筆感。
加えて、しばわんこ&みけにゃんこの所作がまたかわいい。しばわんこは犬のイメージを裏切らない真面目で優しいお人好し。みけにゃんこはまた猫のイメージそのままの、やんちゃでちょっといたずら者、でも寂しがりの甘えん坊で、今風に言うとツンデレ系。犬猫好きにもおすすめです。

番組内で紹介される和ものや和の習慣については、そのまま勉強になります。お茶お華も習わず、がさつに育ってしまった私にとっては、ちょっとした教養番組です。
でも説教くさいようなところは全然なく、人間の登場人物たちも優しい絵のタッチとあわせて、普通だけれど優しい感じに描かれています。特に語りや習慣の解説をする「さちこさん」*2というおばあさんは、番組のキーウーマンでもありますが、話し方も優しく、物知りで、美しく、「こんなおばあちゃんになれからいいなぁ」と真剣に思うほど。

有体に言えば癒し系教養番組ですが、実にかわいくてホッとした気持ちになります。
土曜の朝、一週間の疲れを溜めて、朝ゆっくり起きたときなど、ほんの5分間、いかがでしょうか。


*1:おそらくここがアニメの公式サイトと思われます。NHK関連のサイトには紹介ページはありません。

*2:声・野際陽子。こと声優さんについては、NHKは金を惜しみません。学校向け放送だとやたらにピークを過ぎたお笑い芸人を登用して安くあげてる感じですが(笑)

ラベル:NHK教育 アニメ
posted by あずみ at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | NHK教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

代理母を守れ 〜代理出産問題に関連して

ここまで代理出産についての記事をまとめて書いたところ、次のブログ記事よりトラックバックをいただいた。

「Because It's There」より
代理出産(代理母)による法律関係〜「代理出産禁止」を見直しを含め再検討へ

反論ということだが、どちらかというと当方の特に法的知識の足りない部分を補ってくれるようなよい記事で、大変勉強になった。
記事を書いた方は、反論とおっしゃっているところから代理出産賛成ということなのであろうが、上記の記事では、主に倫理的な面には言及せず、法的な面から、現状の立法や司法の流れについて解説している。

これについて、自分の記事への補足を兼ねて、短いがご返答したい。

続きを読む
ラベル:代理出産
posted by あずみ at 13:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

代理出産はエゴイズムの固まりだ……反対の立場より(その3・結)

代理出産に関する記事の続き。

ここまで、私は、代理出産の問題点ではなく、主に代理出産希望者の問題点について述べてきた。
代理出産に頼らねば実子をもてない状況にある人について、その気持ちは分からないでもない。生物学的な本能として子を残したい、自分の遺伝子を残したいという欲求をもつことは、ごく自然なことでもある。
しかし、それを実現するための手段としては、現状、他者を傷つけ、危険に晒し、苦痛を与える方法しかない。
死や病気の恐れはそうそうあるものではないとしても、代理母は、つわり、身体の倦怠感、貧血といった変化からは逃れられず、約300日にわたって生活を大きく制限されるのだ。腹の中が自分の子ならまだ自己責任の範囲で、というところもあるが、他人のお子様となるとそうもいかない。そして出産時には腹にメスを入れられる。

それでも代理出産を依頼してしまう人がいるのは、なぜなのだろう。
これまでの記事で、私はそれをエゴイズムだとしてきたが、実際には、「他人に何が起こってもどう苦しんでも、自分さえ欲しいもの(子)を手に入れられればそれでいい」と思っているわけでは、決してないと思うのだ。
彼女らは、冷静にものを見られなくなっているだけなのだと思う。
自分の希望することがいかに他人を傷つけることなのか、なぜ多くの国や地域で禁止されたり厳しく制限されたりしているのか、理解しようとしていない、理解したくないだけなのだ。
「子どもが欲しい」という欲求の肥大、妄執のあまり、代理母の背負う苦しみや、代理母をせねばならなかった立場、そして自分が子どもをもたなかった場合に訪れる人生、そこに悲しみだけでなく新たな可能性もあることに、目を向けられなくなっている。

そのような状況に人が陥ったとき、自分だけで這い上がろう、自分の力だけで目を開こうとするのはとても困難だ。特に、代理出産を依頼する人の場合、悪性疾患にかかるなど、既に精神的危機を経験している人が多く、そのぶん出産不能となった自分自身に対する喪失感、敗北感、不全感が強い。独力で乗り越えるにはあまりにも重い。
だからこそ、その人の周囲の近しい人間が、道は一つだけではない、いくつもの道が行く先につながっていて、見た目の形は違えど、それぞれの行く先に良いことがあるはずだ、ということを伝えねばならない。場合によっては専門家の力も借りて。
本人のことを思うなら、結果として実の子をもつかどうかが重要なのではなく、本人自身の気持ちが和らぐことが大切であり目的なのだと分かるはずだ。

代理出産というのは、そういった周りの努力が足りなかった結果、行われる。
報道によれば、今回代理母となった50代の母親は、娘に子宮摘出の手術を説得する際、「私が代わりに産んであげるから」と言って説得したそうだ。おかしな話だ。なぜそこまで娘を想う母親なら「孫を得られないことよりも、あなたを失うことのほうが私にとっても辛い。あなた自身のほうがまだ生まれてもいない子より大切な存在なのだ」と言えないのだ。
また、向井亜紀さんについての報道を見聞きすると、同じく有名人であるはず夫の影が大変薄い。実際、夫にとっては、子どもは必須ではなかったようだ。頑固に突っ走る妻に対して、夫は説得力のある話をしてブレーキをかけることができず、ただ流された。そんな印象だ。
もちろん、近親者が嘆き悲しみ、その解決方法が他にない、となれば、情に流されるのは無理もないことである。しかし、もしそれが法律で禁止されていることであれば、通常はそこで踏みとどまるであろうし、大切な者が法に反しないよう、心底から説得に当たるはずだ。現時点では日本では代理出産は法的に禁止されていないが、禁止すべきという意見、また解禁するとしても厳しい制限が必要だという考えが主流であることは明らかである。法律で禁止されている生体臓器売買や人身売買とは紙一重なのだ。
子宮を失って傷ついた妻や娘をフォローし、実の子はないけれど落ち着いた人生をともに暮らす夫や母も現にいるのだ。表に出てこないだけで。

そういったことから、私は、代理出産を認める前に、すべきことがあると考える。
続きを読む
ラベル:代理出産
posted by あずみ at 11:37| Comment(12) | TrackBack(1) | ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

代理出産はエゴイズムの固まりだ……反対の立場より(その2)

この前の、代理出産に関する記事の続きである。

前の記事で挙げた、代理出産における当事者のエゴイズムを現していると思う項目

1)自分の子を得るために他人の健康を害することを厭わない。
2)得たいのは自分の血をひく子であり、養子であってはならない。

のうち、2)について。


「子どもが欲しい」という言葉。不妊者に限らず、よく普通に使われている言葉であるが、妊娠する可能性が全くない完全な不妊者、具体的には子宮がなかったり、卵巣や妊娠可能な卵自体を持たなかったり(極端ではあるが、男性同士カップルの男性なども含む)して、なおかつ本人がそれを自覚している人が、それを発言した場合、その内容はいささか複雑である。
通常の妊娠出産は不可能である、という前提にもとづくと、その言葉の真意を分けてみると、こんな感じになるかと思う。

1.自分の遺伝子をひいた子どもをもちたい。
2.育児をしたい。子どもを育てたい。子どものいる生活をしたい。

1.と2.の両方を同時に感じる場合はもちろんある。というより、多数であろう。
が、代理出産を希望する人が、養子をとることを考慮せず、自分の血をひく子に拘るのは、その人の中では1.が重要である、ということになる。
もらいっ子では、楽しく子育てなんかできない、きっとうまくいかない、とどこかで思っているのである。

続きを読む
ラベル:代理出産
posted by あずみ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。